経営者のための
『不特法❝事業開発❞セミナー』
全4回シリーズ

多忙な経営者や「新事業開発」担当に向け、

国交省委員を務める・石井くるみが
不特法の最新ノウハウを解説。


先行企業の「実例」を徹底的に分析し、

✓不動産ファンドで何ができるか?
✓不動産ファンドから、どう利益を出すのか?
✓自社に適したビジネスモデルは何か?

といった疑問を「各1時間」で解消します。

【時間】約1時間(インターネットで録画を視聴)
【費用】全4回:各55,000円(税込)
    一括申込:176,000円(税込)

新規参入の
❝武器❞となる
知識を提供

今すぐ申し込む

こんなお悩みありませんか?

社内にファンド事業の経験がある人材がいない
社外にも不特法参入を相談できる専門家がいない
古い情報を書籍やネットで調べる時間がもったいない
不特法参入に役立つ最新の知識をすぐに入手したい
やみくもに❝我流❞での事業開発を進めたくない
他社のスキームやビジネスモデルをまず理解したい

そのお悩みを解決します!

多忙な経営者や「新事業開発」担当に向け、

国交省委員を務める・石井くるみが
不特法の最新ノウハウを解説。

先行企業の「実例」を徹底的に分析し、

✓不動産ファンドで何ができるか?
✓不動産ファンドから、どう利益を出すのか?
✓自社に適したビジネスモデルは何か?

といった疑問を「1時間」で解消します。

日本橋くるみ行政書士事務所が蓄積した不特法
に関する最新ノウハウを、
ぜひ貴社の事業開発にお役立てください。

こんな方が対象です

    • 不動産特定共同事業(FTK)への参入を検討する経営者の方
    • 大手企業の経営企画部等で新規事業開発を担当される役員・幹部クラスの方
    • FTK参入のメリット・デメリットを見極めたい企業の方
    • 実績のある不特法アドバイザーをお探しの方

【第1講】不動産ファンドのビジネスモデル

1.不動産投資における「デベロッパー」と「大家」の違い
2.不動産ファンドスキームの基本3類型 
 (1)不動産「開発目的」ファンドスキーム  
  ●ソーシャルレンディング  
  ●1号事業(匿名組合)有期型 
 (2)不動産「出口目的」ファンドスキーム  
  ● REIT(投資法人)  
  ● 特例事業(匿名組合)  
  ● 1号事業(任意組合) 
 (3)不動産「大家目的」ファンドスキーム  
  ●1号事業(匿名組合)無期限型 
3.不特法ファンド事業-5つのビジネスモデル  
  ●「レバレッジ開発大家」モデルの提案※セミナーにて解説する先行事例  
  ● ブリッジ・シー・キャピタル社『CREAL』 沖縄ホテル開発ファンド  
  ● トーセイ社『TREC FUNDING』 築古レジ・リノベーションファンド  
  ● インテリックス社『ASSET SHARING』 都心オフィス相続対策ファンド  
  ● マリオン社『i-bond』 有価証券報告書から読み解くファンド事業の意義

【第2講】不動産ファンド戦略の策定方法

1.第1講で学んだビジネスモデルの振り返り
2.ファンド戦略フレームワーク
3.財務シナジー
 (1)シニア調達
 (2)メザニン調達
  ● ノンリコースの意義とメリット
4.営業シナジー
 (1)エクイティ調達(出口の確保)
 (2)安定家主の確保(AM報酬、PM報酬)
 (3)新規顧客獲得
5.シナジー効果のまとめ

【第3講】不特法の全体像とクラウドファンディング規制

1.第2講で学んだファンド戦略フレームワークの振り返り
2.不動産ファンド規制の全体像
  ● 「金融商品取引法」と「不動産特定共同事業法」の概要
  ● 「匿名組合」と「任意組合」の比較
  ● ファンド組成に「組合」を用いる理由(二重課税の回避)
3.不特法の重要ポイント
  ● 不動産特定共同事業法の基礎ワード集
  ● 4つのライセンス種別と許可要件の比較
  ● 許可取得までの標準スケジュール
4.電子取引業務(クラウドファンディング)認可申請のポイント
  ● クラウドファンディグの3類型と市場規模の推移
  ● 整備すべき社内体制と社内規程類
  ● 認可申請書(第六面)作成のポイント
  ●システム開発業者の選定のポイント

【第4講】業務フローとアジャイル式ファンド開発

1.第3講までに学んだ内容の振り返り
2.不特法・ファンド組成業務フロー構築
  ● 不特事業で遵守すべき法規制・ルールの全体像
  ● 業務フローの全体像
3.3つの超重要コンプラ項目
  ● 損失補填の禁止
  ● 利害関係人取引の制限
  ● 顧客資産の分別管理
4.「アジャイル式」ファンド開発のすすめ
  ● プレス日(募集開始日)から起算したスケジュール
  ● アジャイル式PDCAチェックリスト

講師紹介

日本橋くるみ行政書士事務所
代表行政書士 石井 くるみ

早稲田大学政治経済学部卒業。公益財団法人消費者教育支援センターに研究員として勤務後、法律事務所勤務を経て、日本橋くるみ行政書士事務所を開設。不動産及び金融分野を専門としており、国土交通省設置『不動産特定共同事業(FTK)の多様な活用手法検討会』総括会の委員を務める。

【主な著書・論文】-不動産金融関係

  • 『不動産特定共同事業(FTK)のすべて』(月刊不動産フォーラム21連載)
  • 『不動産クラウドファンディング・事業化のポイント』(全国賃貸住宅新聞連載)
  • 『資産防衛に役立つオルタナティブ投資入門』
  • 『分散投資に役立つ不動産小口化商品の研究』(家主と地主連載)
  • 『民泊におけるクラウドファンディングの活用』
  • 『民泊ファンドー金融商品取引法に基づくスキームの解説』
  • 『民泊ファンドー不動産特定共同事業法に基づくスキームの解説』


【主な著書・論文】-民泊・旅館業関係

  • 『民泊のすべて』(大成出版社、日本不動産学会著作賞を受賞
  • 『行政書士の業務展開』(早稲田大学校友会行政書士稲門会編)
  • 『既存住宅の民泊活用に関する法制度―規制緩和と課題』(都市住宅学会)
  • 『賃貸経営に役立つ民泊知識』 『自治体別・民泊許可取得のポイント』 (全国賃貸住宅新聞連載)など

過去のセミナー受講者様の声

業種
アンケート回答からの抜粋
不動産ファンド 法体系、制度の全体の把握で悩んでいたが、分かりやすい内容で非常に良かった。
不動産業 実務的な内容(特に資金調達の方法)が参考になった。
不動産業 資料が見やすく、不特法の解説が非常に分かりやすかった。小規模不特の登録を検討したい。
不動産業 法規制について悩んでいたため受講して非常に良かった。講師が専門性を持っていると感じた。
不動産業 色々と勉強になりました。分かりやすかったです。また参加させていただきます。
不動産業 不動産ファンドについて実務家である講師の見解を交えた話をいただき興味深かった。
不動産業 内容が具体的・実務的で、ビジネスに使えそうなアイデアが豊富だった。
不動産業 不特法の活用方法について、実務経験を踏まえた解説をいただき、理解が深まった。
不動産業 解説と資料が具体的で理解しやすく、関連法規の解説も十分だった。書籍も事前に購入して読んだところ、内容が豊富でとても参考になった。
不動産ファンド(物流系) 先日受けた社内セミナー(弁護士による解説)は法律の話のみで理解できなかった。このセミナーは実務に即した内容で大変分かりやすかった。
不動産ファンド(物流系) 普段、信託スキームにしか携わることがないが、不特法について非常に勉強になった。
エンタメ産業 この手のセミナーとしては抜群に分かりやすかった。
不動産業 実務的な内容(特に資金調達の方法)が参考になった。

不特法❝事業開発❞セミナー概要

東 京
名 称 経営者のための
『不特法❝事業開発❞セミナー』
内 容 第1講「不動産ファンドのビジネスモデル」
1.デベロッパーと大家の違い
2.不動産ファンドスキームの基本3類型
3.不特法ファンド事業-5つのビジネスモデル

第2講「不動産ファンド戦略の策定方法」
1.第1講で学んだビジネスモデルの振り返り
2.ファンド戦略フレームワーク
3.財務シナジー
4.営業シナジー
5.シナジー効果のまとめ

第3講「不動産ファンド規制の全体像とクラウドファンディング規制」
1.第2講で学んだファンド戦略フレームワークの振り返り
2.不動産ファンド規制の全体像
3.不動産特定共同事業法の重要ポイント
4.電子取引業務(クラウドファンディング)認可申請のポイント

第3講「業務フローとアジャイル式ファンド開発」
1.第3講までに学んだ内容の振り返り
2.不特法・ファンド組成業務フロー構築
3.3つの超重要コンプラ項目
4.「アジャイル式」ファンド開発のすすめ
費 用 個別申込:各55,000円(税込)
一括申込:176,000円(税込)
主 催 日本橋くるみ行政書士事務所
視聴方法 インターネットでの録画視聴
※申込後に視聴方法をお伝えします。
備 考 士業、コンサルタントの受講は不可
視聴方法 インターネットでの録画視聴
※申込後に視聴方法をお伝えします。
刻印

セミナー受講者特典:不特法アドバイザー・石井くるみとの1時間の面談無料

ご希望者に対して、不特法アドバイザー・石井くるみとの1時間の無料面談を承ります。
※日本橋くるみ行政書士事務所での対面又はWEB会議のいずれかをご指定ください。

メールフォームによるお申込み

『不特法❝事業開発❞セミナー』をご希望の方は、下記フォームにお名前/電話番号/メールアドレスを記入しお申込みください。
※お問い合わせの場合は、「セミナーに関する問い合わせ」ボタンを選択してください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

面談場所:日本橋くるみ行政書士事務所